あがり症が治ったという人が実践している話し方のコツ

あがりを克服したという人と現在悩んでいる人の考え方にはいくつかの違いがあります。もし、その違いを理解できたら、もう悩まなくて済むようになれます。

その考え方の1つが話し方についてです。

あがり症が治ったという人は、「上手に話そう」「完璧に話そう」などとは考えていません。しかし、あがってしまう人はその逆で、「上手く話そう」と思っていたりします。

人前では好感を持たれるように話すのが当たり前だと思っていたりもするのかも知れません。

問題は「上手く話そう」と思っていることです。

何が問題かというと、「上手く話す」ということが具体的にどんなものか、誰もが想像できないからです。何をもってしてそう言うのか分かりません。

頭で想像できないようなものに対しては人は不安を感じます。
だから、上手く話せないし、あがってしまうのです。

あがりを克服した人は、「上手く話す」と思う代わりに具体的に実行できるものを目標として考えていたりします

例えば、

「ゆっくり話そう」
「大きな声で話そう」
「このポイントだけはしっかりと伝えよう」
「姿勢をよくして話そう」

という目標を立てているのです。これなら、具体的に頭でイメージできますし、実践することもできます。だから、必要以上に緊張したりはしません。

勿論緊張しないわけではないし、あがることは誰にでもあることです。
でも、必要以上にあがったり、緊張しないだけの話です。

意識を自分から聞いている人に向ける

あがり症の方の多くは他人の評価が気になるために、あがります。失敗したらどう思われるだろうか?自分の話をどう思われるだろうか?と悩んでいるのです。

これは一見相手のことを考えているようですが、実は自分のことを考えているのです。自分が相手にどう映っているかを気にしているわけです。これは以前にもご紹介した通りです。

ではどうしたらいいのでしょうか?
どうすればあがらなくて済むのでしょう?

そのためには意識を自分から相手へと移すことです。するとあがらなくなります。
具体的にはこんな感じです:

・聞いている人にはこのポイントだけは伝えよう
・どうすれば、自分の言いたいことが上手く伝わるだろうか?
・後ろの人は自分の声がちゃんと聞こえているだろうか?
・どうやったら、楽しく話を聞いてもらえるだろうか?

勿論、最初からどうやったら楽しませることができるかなど考える余裕はないでしょう。でも、このポイントだけは伝えよう、そう思うことはできるはずです。

大事なのは意識を自分から相手へと持ってゆくこと。「相手のために」何ができるかを考えるとうまくいきますし、あがり症も改善してゆくと思います。

このカテゴリの記事





基礎知識
原因について
対策方法について
克服方法
コラム
6万人が克服した方法

運営者について