緊張からくる手の震えを解消するには

大勢の人前で話をする時などは緊張してしまって、手が震えたりすることがあります。そんな時というのは体に力が入っていることが多くあります。勿論、その場ではそんなことに気づく余裕もないとは思いますが。

体に力が入る理由の1つは、うまく話そうとして一生懸命になっていることにあります。何事も一生懸命やるのはいいのですが、一生懸命やろうとするとどうしても力が入ってしまうのが問題です。

ですから、適当に力を抜いてやるのが一番です。
しかし、あがり症の方などはそういってもそれを実践することができません。

自動的に体に力が入ってしまうのです。その原因についてはあがり症の原因のコーナーで紹介していますから、ここでは省きますが、今回は体を使って体の力を抜き、手の震えを抑える方法を1つ紹介しておきます。

その方法とは、筋弛緩法とも呼ばれる方法です。

筋弛緩法のやり方はとても簡単で、一度意識的に力を入れて、その後にフッと力を抜きます。手の震えの場合は、(人前で話している最中の場合は)体の後ろに手を持っていって、グーを作ります。そして、思い切り力を入れましょう。

そしたら、今度はパーを作って力を抜きます。
こうすることで比較的簡単に体の力を抜いてあげることができます。

使い捨てのカイロを使ってみる

緊張して、あがってしまうと手が震えてきます。その震えを抑えるのに良い方法をもう1つご紹介したいと思います。

まず、そんな緊張して手が震えるような場面でどんなことが起こっているかというと、手足が冷たくなっていると思います。

体が硬くなってしまい、血行が悪くなっているのです。ですから、本番前は体を動かしたりすると、震えをある程度予防できるようになると思います。

しかし、本番中だった場合はどうすればいいでしょうか?

その場合は使い捨てのカイロを使ってみることをおすすめします。
ポッケにいれておいてもいいですし、背中などに貼り付けておくと便利だと思います。

手が震えてるなと思ったら、すっと背中に手を伸ばして手を温めてあげると不思議と震えがおさまります。

勿論、本番前にもそうやって手を温めておくと効果的ですので是非試してみてください。

このカテゴリの記事





基礎知識
原因について
対策方法について
克服方法
コラム
6万人が克服した方法

運営者について